Books

油断できない面白さです!

メチャメチャ久しぶりの小説ネタでございます!

img20071221.gif今回の1冊は・・以前に「過去最高に泣けた・・・」とご紹介した『終戦のローレライ』の作者でもある福井晴敏著『Twelve Y.O.』です!

この作品は第44回江戸川乱歩賞を受賞した福井晴敏のデビュー作であり、この後に続く『亡国のイージス』、『川の深さは』への序章となっている作品でもあります。(実際はこの作品の前に『川の深さは』は完成していたそうです・・)

物語は・・・訓練中の事故によりトラウマを抱え、空を飛べなくなってしまった自衛隊の元ヘリコプター・エリートパイロット・・・、しかし今はうだつの上がらない自衛隊の勧誘係である平貫太郎が、街で偶然(?)パイロット時代の恩人、東馬修一と出会ってしまったことから全てが始まります。

コンピューターウイルス『アポトーシスⅡ』って何?謎の兵器『ウルマ』って?・・・そして謎のテロリスト『12(トゥエルブ)』の正体は・・・?

沖縄を舞台に展開する、予想を超えた壮大なサスペンス?スペクタクル?
良く解からないけど、とにかく面白い!

・・・っという訳で、今回の福井晴敏著『Twelve Y.O.』は・・・『☆☆☆☆+0.5★』(☆4.5個)です!

あまり詳しいことは言えないけど・・「日本の平和とは何なのか!?」「日本はこれで良いのか!?」などと真面目な問題にも触れている、非常にメッセージ性の強い作品でした!

ダッシュ!DASH!奪取!

またまた小説ネタで~す!

今回初めてこの人の小説を読みました。

真保裕一

皆さんご存知ですか?
多分・・織田裕二が主演した映画『ホワイトアウト』の原作者と言えば分かるでしょうか・・・。
ちなみにオイラは分かりませんでした・・・。

4062082829.09.jpg・・っで、今回この真保裕一デビュー作(?)の『奪取』を読んだんですが・・・。

物語は・・ある若者がヤクザ絡みの金融屋に借金をして、気が付いたら借金は莫大な金額に膨れ上がってしまい、返済に困ったあげく保証人として、友人でPCやメカなどの技術に詳しい主人公となる道朗を巻き沿いにしてしまう所から始まります。

その後、道朗のアイデアで銀行のATMをクリアすることが出来る、見た目にはチープな偽札を造り出し、大量の現金を手にする事に成功はしたのだけれど・・・。

ここから様々な出来事が起こり、本格的な偽札造りに発展していくのですが・・・。

これ以上は言えませ~ん!

でも、マジで面白かったぁ~!

・・・ってな訳で、今回の真保裕一著『奪取』は・・『★★★★☆』本

本当は星5つでもイイくらいなんだけど、今後読む真保裕一作品に期待を込めて、星4つです!

ハラハラ・ドキドキの偽札製造疑似体験をしてみたい方は読んでみてちょ!

読んだら意外と造れそうな気がしてくる筈・・・でも偽札は絶対ダメですよ!!

過去最高に泣けたかも・・・

久しぶりの小説ネタなんですが・・・。

今回読んだ福井晴敏著の『終戦のローレライ』は過去読んだ色々な小説の中でも、本当に「最高!」って言えるくらい面白かったし、感動しました!!
img20070606.gif
img20070606_1.gif

物語は・・タイトルで解かるように「終戦」の二文字が目前に迫った日本軍を中心とした、実際の戦争に基づいたストーリーを軸に、福井晴敏の独創的で非常にリアリティーのある世界が展開されて行きます。

厳しい戦禍に見舞われた日本軍に、無きドイツ軍からある「特殊な性能」を持った潜水艦が引き渡されることになった・・・。
しかし日本へ向かう途中、米軍潜水艦の攻撃に遭い、海底へとその「特殊な性能」を持った兵器を投棄してしまったところからこの物語は始まります・・・。

その後「特殊な性能」を持った兵器を海底から回収する目的で集められた帝國海軍の軍人達が次々と困難な出来事に遭遇し、乗り越えていく姿を一人の若者を主人公として、実に様々な角度から描写していくのですが・・・。

最後はマジで泣けます!!

小説でこんなに感情移入したのは久しぶりでした・・・。

ネタバレしちゃうから最後は当然言えないんだけど・・単行本「上・下」2巻の長編小説なのに(文庫本は4巻)、初めの1/4位からドンドン先が読みたくなってしまいます!


そんな今回の福井晴敏著『終戦のローレライ』は・・『☆☆☆☆☆』

当然!五つ星で御座います!!!

戦争をテーマとした小説が苦手な人も、絶対に楽しめる筈ですよ~!

ハッキリ言って、この福井晴敏って人・・かなり凄いかも・・・!?

垣根涼介の作品・・・

img20070314.jpg img20070314_1.jpg

久しぶりの小説ネタです・・・。
今回は・・垣根涼介著『ヒートアイランド』『ギャングスター・レッスン』を読んでみました。

この2作はどちらか片方でも十分楽しめますが、ストーリーはまず『ヒートアイランド』から始まります・・・。

・・・渋谷を中心に活動しているストリートギャング「雅」のリーダー『アキ』を主人公に話は展開し、ある日仲間が持ち帰った大金・・・。
実はその大金は・・ヤクザ絡みの裏金を奪った『犯罪のプロフェッショナル』から偶然奪ってしまったものだった・・・。

その後の展開が、実際に渋谷の街を知っているオイラには「臨場感たっぷり」で本当に面白かった!
それに加えてスピード感とか疾走感が気持ちイイ!!

これ以上言うとネタバレになりそうだから・・止めときます。

『ギャングスター・レッスン』は『ヒートアイランド』の続編なのですが、これもスゴク面白かった!
でも、話の取っ掛かりの説明は・・あえて控えます!

今回の垣根涼介著『ヒートアイランド』『ギャングスター・レッスン』の個人的な採点は・・・2作合わせて『☆☆☆☆+0.5』本
そ~と~良いです!!

気になる方は絶対に読まなきゃ損しますよ~!


実は・・この続きとなる第3弾の作品も有るんです!
絶対読まなきゃ!!

宿命:なかなか良かった・・・

最近、東野圭吾の小説にちょっとハマッテいるのですが、今回も東野圭吾著『宿命』を読んでみました!

syukumei.jpg物語は主人公の子供の頃から始まるのですが、大人になり刑事となった主人公が、ある殺人事件をきっかけに小学生時代からのライバルと容疑者として再開し、更にそのライバルの妻は昔の恋人・・・。
この3人と周りの登場人物とが複雑に絡み合い、徐々に明かされる主人公の宿命・・・。

この作品は単純なサスペンスなんかじゃなくて、スゴ~ク良く出来たストーリー展開で読む側の想像?妄想?みたいなものを掻き立てられました。

なので・・今回の東野圭吾著『宿命』は・・『☆☆☆☆・』本

ミステリーやサスペンス好きの方は一度読んでみてはどうでしょうか?
単なる殺人事件の謎解きとは違う、最後の意外な展開にきっと・・好き嫌い分かれちゃうかも・・・?
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ